雨のワナ、雨葉ネット

屋根などがない山中や畑で雨を集めます。

雨水簡易集水ネット「雨葉」は、腰を痛めた両親が畑に水を運ぶ重労働を緩和させたいという思いから開発した集水装置です。高齢者でも簡単に設置できるサイズにもこだわり、一つ一つ丁寧に手づくりしています。
風を通し雨を集めたいという発想から集水面の素材は親水性のある素材で織られたネット(網)を使用。逆三角形の頂点に雨水とネット上のごみを集めるようになっています。
水を得にくい山中や畑などに設置し、重い水運びの解消や渇水時にも役立つように研究開発を行っています。

 

商品についての質問や設置についてのご相談は、お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。年中無休で対応しています。

畑や山中などで雨を貯めて使うために作りました
雨水集水ネット

雨水簡易集水ネット「雨葉」

三角形のネットを空中に浮かして雨を集めます。このネットは繊維が起毛していますので水の膜をつくります。降った雨はごみと一緒に三角の中心に集まりろ過されます。タンクの穴が小さいので虫などが入りにくく、きれい水が貯まります。
★水を使わない時期にたっぷり貯めましょう

 4,250円(税抜)

雨葉ネットの素材はクラレの製品を使用しています
☆ネット(2種) ☆マジックテープ

雨葉ネットと貯水タンクを組み合わせました
雨水を貯める容器(雨葉ネット専用)

雨葉ネットと丸型タンクの組み合わせのマニュアルです。もっと簡単に説明した内容は下の「おススメ!丸型タンクとの組み合わせ」をクリックしてご覧ください。

木の幹に巻きつけ雨を貯める取水道具です
樹木から簡単に雨を貯めるネット

樹木・人工支柱集水ネット「雨葉」

この取水道具は樹木に巻きつけたくさんの雨を貯めることができます。枝葉などに当たった雨が幹を伝って流れ下る雨(樹幹流)は、枝振りが良い木になるとたくさんの雨が下の方へ流れてきます。この雨を貯め利用することで、水を得にくい山中や畑などでの重い水運びが解消できます。
また、人工支柱
(電柱や看板などの支柱)に巻きつけて雨を貯めることも可能です。取水量は少ないですが、雨を貯めることが難しい場所で役に立ちます。屋上などのフェンスなどにも有効です。

 樹木用1,8502,650円(税抜) 樹木・人工支柱兼用2,1502,950(税抜)

木に巻きつけて雨を貯める小型のネットです
樹木から簡単に雨を貯めるネット(入門用)

樹木・人工支柱集水ネット「雨葉」コンパクト

この取水道具は樹木集水ネットのコンパクトサイズです。樹木や人工支柱に手軽に巻きつけ雨を貯めることができます。手のひらにのるサイズで、樹幹流(樹木の幹を伝って流れる雨)を集める入門セットとなります。

 樹木・人工支柱兼用 550円~850

小さいですが竹から雨を集めるスグレモノです
竹から雨を集めるネット

コンパクトSS・S

竹の上部には枝や葉っぱが密集しています。雨が当たるとたくさんの水が下へと流れてきます。
樹木と違い、透明のきれいな水が貯まります。

樹木・人工支柱兼用SS、S(竹用に使えます)  樹木・竹・人工支柱用  550円~650円

使うサイズに合わせて縫製する日よけ集水ネットです
オーダーメイドの日よけ集水ネット

日よけ集水ネット「雨葉」

暑い日差しをやわらげ雨も貯水できる「日よけ集水ネット」は、住宅の日よけをかねた取水ネットでヨシズやスダレのように部屋が暗くなりません。ほかの使い方としては事業所・小学校、農園の休憩所などの日よけと雨水活用として、また、食品加工所・牛舎・作業場・工場などの「雨よけ」や虫除けにも利用されています。黒いネットは適度に日差しをやわらげますので目に優しく、雨が降ると親水性のある素材がたっぷりと雨を集めてくれます。
お住いに合わせたオーダーメイドで、住宅のベランダやバルコニー用も製造できます。
W1,730×H2,700(1枚ネット)遮光率51% 取水誘導3本付 7,750円~
W1,730×H2,700(2枚合わせネット)遮光率70%以上 
取水誘導3本付 12,250円~
★オーダーについてはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
 設置場所の写真などをお送りいただくとデザイン案をお作りします(デザイン・見積無料)

オーダーメイド

戸建て住宅のベランダに設置した日よけ集水ネットです。
窓からさしおろしをしますので、その窓の開け閉めができないという不便さや洗濯物が干せないなどの弱点ががあります。
要望が多いマンションやアパートなどのベランダやバルコニーにも適用できますが、窓のサイズ・ベランダやバルコニーのサイズもいろいろありますので、オーダーメイドとなります。
集合住宅は雨の降りこみが少ないためたくさんの雨を貯めることは難しいですが、日よけと少しの雨水利用は可能です。

重い水運びについて

 

畑などへの水運びは重労働です。

長い間、自家菜園などで安心安全な野菜を作ってきたみなさんが重い水運びに苦労しています。

昔からいろいろな工夫をして水を大切に使ってきたのに、最近の雨は雨季と乾季の雨の量がおかしくなり頻繁に水やりをすることも…。

高齢化が進み、足腰の痛みなどで大好きな畑作業を断念する方もおられます。いちばん辛いのは種まきや渇水時の畑への水運びだと聞きます。雨葉は空中に浮かすので畑作業のじゃまにはなりませんし、近くに木が生えていれば樹木集水ネットを利用できます。

自分で育てた野菜を収穫し食べるのはもちろん、子どもさんやお孫さんに送って食べてもらうのは嬉しいものです。

これからも元気に野菜作りをしていただくための道具の一つになればと研究開発を続けています。
★雨水を必要としないシーズンオフにたっぷりと貯めていただくよう提案しています。

 

【みなさんはどのタイプをお使いですか】

●リユースの浴槽

工務店などから手に入れ、畑に置いて利用している人を多く見かけます。

中にはステンレス製だったので盗まれた!という人もいらっしゃいます。

●水がめ

昔はどこにでもあった便利な水がめですが、容量がたりない、地中に埋まっていないと良い物は盗まれることもあったようです。

●畑の近くの水路や川から汲む

川まで下りて水を汲んで運ぶのがつらくなった、転んでケガをしてしまったとか聞きました。

●ジョウロやポリタンクに詰めて運ぶ

あちこちの家庭菜園の片隅にポリタンクやごみバケツ、ペットボトルがたくさん置かれている様子を見かけます。車や一輪車で運んでいらっしゃる方も。

 

【雨水は腐るのでしょうか?】

 もともと、雨水でも池の水でも、“水(H2O)”そのものは腐りません。“水が腐る”とは、水中の有機物が栄養分となって細菌等による分解や腐敗が進み、 異臭を放っているような状態をさしています。したがって、雨水に落ち葉などの有機物を出来る限り混入させない、光を遮断し藻を発生させないことができれ ば、“雨水が腐る”という現象は発生しません。ただ、様々な用途で雨水を利用しますので、“雨水が腐る”以前に使ってしまうことがほとんどです。 (雨水市民の会Q&Aより)

 


アパート・マンションの集水ネット規格

昨年より計画していました、アパートやマンションで雨水利用ができる集水ネットの規格案が出来上がりました。
三角形のネットでの実験は行いましたが、四角形(日よけも兼ねる)実験はこれからです。
貯水する容器に合わせてネットサイズを決めたり、設置するベランダ・バルコニー・屋上などの手すりの形状、雨の降りこみ具合などを考えるとオーダーメイドになると予想します。
価格帯としては4,000円以内に収めたいと考えています。
ご興味のある方はお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

3 コメント

雨葉ネットの手入れ

雨葉ネットの実験1号です。横にどんぐりの木が2本あります。4月から5月にかけて咲いた花や葉を落とします。
写真は、わざと葉っぱを乗せたわけではありません。ネットに降り積もったごみ類は強風が吹くと「ほとんどが吹き飛ばされて」手入れの必要はありませんが、中心部の三角の部分には細かいごみがたまりますので、ときどき掃除をします。
写真の貯水タンクはフタの部分からも雨を集める構造となっていますので、タンク内に細かいごみが入らないようにしています。

0 コメント

ビニールハウスからの集水

お客様からのお問い合わせでビニールハウスから集水する提案をしました。雨葉ネットは親水性のある素材で編まれているため、雨を集めることができる面白いネットです。
デザイン案はビニールハウスの上に日よけ集水ネットを設置し雨を取水するものですが、ネットは遮光率51%ですのでハウス内での野菜の育苗は難しいくなります。
そこで、ビニールハウスの上にもう一枚集水用のビニールを張ってはどうでしょうかとの提案も行いました。

0 コメント

最新の雨葉ネットの耐久実験開始

8年前に設置した雨葉ネットの1号が使用不能になり、同じ場所で最新の雨葉ネットの耐久実験を開始しました。他にも風などの条件の違う場所で耐久実験を行っています。
現在は改良をかさね2種のネットを張り合わせた2重ネットになっています。ハトメ部の強度も上げ、耐久年数8年以上を目指します。

0 コメント

雨葉ネットにロゴを印刷

所属するNPO法人循環生活研究所から雨葉ネットにロゴを入れてほしいという要望がありました。アメリカに持参し雨水利用を紹介したいとのことでした。久しぶりに手作業でシール台紙をカットし繊維を染める塗料でパステルブルー色に印刷しました。
LFCとは家庭で出る日々の生ごみをコンポストに入れてまぜるだけ。それをコンポストクルーが定期的に回収し、その栄養満点の堆肥で育った野菜がマルシェで買える。おいしい野菜が食卓へ届く。そんなたのしい循環が起こるコミュニティをつくる活動が「ローカルフードサイクリング(LFC)」です。
現在は主に福岡市東区香椎のアイランドシティ(照葉)で実施されています。

0 コメント