樹木を伝って流れる雨、樹幹流について

 

大地にかえし、空にかえし、生き物たちにかえしながら・・・

 樹幹流(じゅかんりゅう)

 伊豆七島の三宅島では、木の幹に藁縄を縛り付け、幹を伝って流れる雨水を受け、竹の樋などで水がめに貯める方式が伝わっている。これは普遍的な方法で、沖縄でも多く見られ、「雨水の樹幹水」といっている。 同じ沖縄でも多少地域によって集水する樹木や導水の素材が異なり、本島の名護市や那覇市郊外では三宅島と同じ藁縄を使っているが、波照間島など多くの島ではクバの葉を利用している(図)。その他、ススキも使われている。

 雨水を集める樹木もフクギやクサラギ、ユスクッギー、イソノキ、桑など多様である。樹木により匂いが異なることから好みにより選んだらしい。

※クバ=ヤシ科ビロウ属(和名ビロウ)

写真左の樹幹流は伊豆・利島で撮影されたもので、竹の枝を木に巻きつけて利用されています。写真左は韓国の済州島で撮影されたもので、藁(わら)を編んで取水されています。いろんな国や地域で工夫され、樹幹流を利用されていることがわかります。
樹木集水ネットは、昔から利用されてきた取水方法を現代風にデザインしたもので、木にマジックテープで止めるだけで簡単に雨を貯めることができます。